水を使って住まいの涼しさを演出

住まいの温度を下げる工夫

水を使って住まいの涼しさを演出 夏の時期は、できる限り強い日差しを遮断し、住まいの温度を下げることを考えたいです。そうすれば、クーラーも効率よく使えますし、クーラーを使わずに扇風機だけで過ごせるようになるかもしれません。日差しを遮断するの欠かせないものと言えば、カーテンが挙げられるでしょう。カーテンがない住まいはないと言っても過言ではありません。カーテンにも色々ありますが、日差しを遮るなら遮光カーテンがおすすめです。光はもちろん、熱も通さないので断熱効果が期待できます。しかし、熱を吸収するので、部屋の空気を温めてしまうこともあります。

時々窓を開けて、カーテンに風を当てるようにしましょう。そうすれば、室温が上がりすぎることを防げます。また、カーテンのカラーにも配慮しましょう。夏に暖色系のカーテンでは暑苦しいです。最低でも夏の間は青や水色、または白などの寒色系のカーテンにしましょう。色彩心理学的に、これらの色は人に寒さを想起させます。夏に打ってつけと言えるでしょう。さらに、興奮を鎮める効果もあるので、夏の暑さでイライラすることを軽減してくれます。これは気分の問題と言われることも多いですが、科学的な実験で実証されています。

関連リンク



Copyright(c) 2020 水を使って住まいの涼しさを演出 All Rights Reserved.